moshi 日本代理店 株式会社MJSOFT

moshi iVisor XT for iPhone 6

iPhone 6の曲面画面を端から端まで保護するスクリーンプロテクター
moshi
iVisor XT for iPhone 6
iVisor XT は、iPhone 6の曲面型画面を端から端まで完全に保護するクリアタイプのスクリーン プロテクターです。moshi独自の技術を採用した iVisor は、単調な貼付作業を必要とする他の一般的なスクリーン プロテクターと異なり、気泡が入らずにすばやく貼り付けることができます。

多層構造のおかげで、明瞭度を維持すると同時に、タッチ スクリーンの感度を低下させません。また、傷防止効果の高い硬質表面加工が施されています。

《moshiのiVisor XT for iPhone 6はここがすごい!》
1)iPhone 6のディスプレイ端まで保護
iPhone 6のディスプレイはフチが曲面になっています。
そのため通常のフィルムでは端まで保護する事ができません。
moshiのiVisorは精密な曲面デザインで端までしっかりとガードします。
また、端まで貼れるとうたっているフィルムは、曲面部にうまく吸着せずすぐに剥がれてしまうものも多くあります。
このiVisorは厚み約0.2mmのしっかりしたプロテクター構造のため、簡単に浮いてくることはありません。
2)数秒で取付けが可能!
通常のスクリーンプロテクターは、装着するのに大変気を使う作業が必要になります。
moshiのiVisorは、プロテクターをフレーム部で取り付けする独特の構造の為、気泡も入らず簡単に作業が可能です。ほんの数秒で取り付けることができます。
また、すこしずれてしまった場合でも、貼り直しが可能ですので簡単にやり直すことができます。
3)100%気泡が入りません。
通常のスクリーンプロテクターは、装着するのに気を使う作業が必要なうえに、気泡が1つ2つ入ってしまうことがしばしばあります。
moshiのiVisorは、プロテクターをフレーム部で取り付け独特の構造の為、まったく気泡が入りません。
100%バブルフリーで装着可能です。
4)取り外して洗浄することも可能。
moshiのiVisorは、独特な構造のため洗浄が可能です。
多くのフィルムは一度剥がしたら再装着は不可能ですが、iVIsorは再装着することが可能です。
iVIsor XTは、クリアタイプのスクリーンプロテクターです。
【特徴】
・周縁の曲面が精密加工され、iPhone 6の画面の端から端までしっかりと保護
・100%気泡が入らず、数秒で取り付けできます
・高い透明性
・iVisorはクリーニング可能で、再利用できます
・硬化表面処理による高い傷防止性能
iVIsorの装着方法
ステップ 1:付属しているマイクロファイバー布を使ってiPhoneについている塵を完全に取り除いてください。 純水以外の洗浄液は使用しないでください。
ステップ 2:#1とラベルされている背面フィルムを優しく剥がしてください。
ステップ 3:iVisorをiPhoneの上部に合わせてください。
ステップ 4: iVisorの周囲を優しく加圧してください。
moshi
iVisor XT for iPhone 6

仕様
・素材:PET(厚み約0.2mm (粘着部約0.3mm))
・対応機種: iPhone 6、iPhone 6s
・寸法:約 63 x 134 mm
・付属品: マイクロファイバー布(小型)

注意
iVisor は曲げたり、 折り目を入れたりしないでください。
折り目やしわは直らない為、 製品性能に影響を与えます。
iVisor を一時的にしまう場合は、 裏の剥離ステッカーを含めオリジナルのパッケージを利用してください。
お使いの機器の電源が切ってあるときや、 斜め方向から見たときに、 iVisorの下に虹のようなパターンが現れることがあります。これは自然の光学現象であり、 製品の欠陥ではありません。 表示や性能にはまったく影響はありません。

iVisorのクリーニング方法
iVisorの表面から指紋や手垢を落とすには、付属のマイクロファイバー クロスで拭いてください。頑固な汚れの場合には、クロスを水で湿らせてください。
まれに、iVisorにほこりや糸くずがたまって接着力が低下することがありますが、その場合には、もっと完全にクリーニングする必要があります。
その場合には、マイルドな洗剤 (食器用洗剤など) と水で、iVisorの両面を手洗いしてください。
親指で、iVisorの接着面の周辺に付着したほこりや糸くずを落とします。よくすすいで軽く振って水を落とし、乾燥させてください。
iVisorに残った水滴は、付属のマイクロファイバーで軽く拭き取ってください。
接着面の周辺にはマイクロファイバーを使用しないでください。
接着面を上にして乾いたペーパータオルの上に置き、iVisorを自然乾燥させます。
乾燥中はiVisorの接着面にほこりや糸くずをつけないように注意し、乾燥したら、元通りに貼り付けてください。
洗浄後は、iVisorに、新品同様の接着力が復帰しているはずです。

 

プロダクト

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社 MJSOFT All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.